azuriteのブログ

食べたり、飲んだり、観たり、聴いたり、撮ったり、登ったり。

成田HUMAXシネマズで「ゼロ・グラビティ」を観た

前から気になっていたIMAXでの「ゼロ・グラビティ」。初めは川崎で観ようと思っていたが、成田HUMAXのIMAXスクリーンが凄いという記事を読んで、成田山にお参りしてついでに映画を観てくる事にした。
お参りして、達磨を買ったり鰻を食べたりしたんだけどそれはまた別に書くとして、成田HUMAXに行ってきました。

イオンモール大きすぎ

京成成田駅にあるバス停からバスで10分ぐらい、イオンモール成田に隣接するように成田HUMAXがあります。
初めよくわからずにイオンモールでバスを降りたら映画館まで遠いと遠い、歩いても歩いてもイオンモール。これがイオンモールなのか…。
公開からだいぶ経っているので、成田HUMAXのHPでチケットを買わずに現地で購入。カードで買おうとしたら、イオンカードしか使えないと言われて、現金払い。前日は6人席ぐらいしか席が埋まっていなかったが、当日は50席ほど埋まっていて、売り場のお姉さんに勧められるまま、K列を購入。

IMAXスクリーン大きすぎ

シアター内に入って思ったのは、スクリーンが大きすぎるほど大きいということ。これならば最後列でも何の問題も無い感じ。最後列から28mmの広角レンズで撮った写真がこちら。

K列だと前過ぎたかな?と思ったけど、そんな事もなかった。もう一列後ろでも良かったかもしれない。

映画っぽい映画

IMAXの巨大スクリーンかつ3Dの映像もすごかったけど、映画の内容も良かった。小さなスクリーンや3Dでは無い映画と比べると臨場感が段違い。すぐ目の前にサンドラ・ブロックジョージ・クルーニーが居るような、そんな91分。時間がそこまで長くないせいか、ぎゅっと濃密に圧縮されたような時間であっというまにラストになってしまったけど、久しぶりに映画館で観て良かったと思える映画だった。DVDやTVなどで観ても、この迫力は半減だと思う。わざわざ成田くんだりまでやってきて、IMAXで2200円払ってみたけれどもそれだけの価値は充分あると思う。まだ見ていない人は是非IMAXで!
ちなみに、この映画の原題は「Gravity」なんだけど、なんで邦題に「ゼロ」を付けたのか不明。この映画のタイトルはやっぱり「Gravity」だと思う。

関連URL
未来にいちばん近い映画館、成田IMAXで「ゼロ・グラビティ」を見る : 清水節のメディア・シンクタンク - 映画.com
成田HUMAXシネマズ |HUMAX CINEMA WEB 株式会社ヒューマックスシネマ
映画『ゼロ・グラビティ』オフィシャルサイト

広告を非表示にする